恋活

アルバイトをする前に知っておきたい大学生の面接の服装のマナー

33
大学生活は何かとお金がかかりますよね。
特に食事は大学の学食が安いとはあっても、毎日食べる物だから積み重ねていくと結構な金額になります。
そこでアルバイトをしようと思う人は多いです。

アルバイトの前にあるのは、面接大学生がアルバイトをする前に気をつけたい面接時の服装やマナーを紹介します。

服装は清潔感が重要

面接に行く際には、清潔感のある服装にしましょう。
どんな仕事でも清潔感は必要なので、好印象を与えるためにラフすぎる服装もやめた方が無難です。
ジーパンでも良いですが、ダメージの入ったパンツは印象が良くありません。
上着もTシャツでは無く、できればワイシャツの様な襟のついた服の方が良いです。
洋服の色も地味な色味の服を選ぶようにしましょう。
だからといって全身黒ですと、お葬式のようになってしまいますので注意しましょう。
靴は夏でもサンダルは絶対にNGなので、綺麗なスニーカー等を履くようにしてください。
靴の汚れは面接官も目につく所なので、汚れていたら綺麗に洗っておくと良いと思います。

髪型やメイクに注意

髪型が自由のバイトもありますが、求人に何も記載の無い場合は金髪など過度なカラーは良くありません。
手入れをしていないような、ボサボサの髪や前髪が目までかかっているようであれば、きちんと髪を整えましょう。
女性の場合はマニキュアやジェルネイルなどはオフする事をおススメします。
特に飲食店は爪に厳しい所が多いので、長さも短めに切っておくのが基本です。
メイクも極薄のナチュラルメイクが好ましいです。
男性は長髪やヒゲも良い印象は与えないので注意しましょう。
髪型やメイクは、実際に仕事場を見て働いている人達の雰囲気を見てみないとわからないので、面接の時だけでも好印象を与えるように心掛けましょう。

まとめ

バイトの面接は、服装や髪型などで第一印象が決まってしまいます。やる気をアピールしてもアルバイトは自分だけでなく一緒に働く人やお客様がいるので清潔感がないと採用されることは難しいです。
心配な場合は両親や友達や先輩にチェックしてもらいましょう。

ここを読んだ人はこんな記事も読んでいます

大学生のアルバイトデビューに役立つ面接中の基本マナー
彼氏ができやすいバイトってあるの?