恋活

いまさら聞けない‥彼との恋愛が上手く行くLINEの使い方

5
スマートフォンが主流になりガラケーは生産が終わると発表されましたが、持っていて当たり前のスマホその中でもみんながダウンロードしているといったらLINE

恋愛におけるLINEマナーを知っておくと恋愛上級者になれるかも?!

自分のことだけの独りよがりなLINEはしない

女性は男性と比べると、自分のことを話して共感を得たい気持ちが強いです。
そのため感情に任せてLINEで文章を作ると、後で後悔することがあるでしょう。
LINEで文章を作ったら一呼吸おいて、客観的視点を持ちながら読み返してみましょう。
客観的視点が苦手だと自覚しているなら、LINEで相談事や長い文章を送るのは避けて、
「LINEだとうまく伝えられないから、会ったときにゆっくり聞いてね」というのも男性側からみると頼られていると好印象をもちますよ。

スタンプや絵文字を乱用しすぎない、本当に大切な言葉は文字で書きましょう。

LINE絵文字やスタンプ流行ってますよね。
気持ちがスタンプ1つで伝えられてわかりやすくって良い!
ということで使っている人は多いのではないでしょうか。

昔絵文字が流行りましたが、パッと見て何を書いているか解らなかった人は多かったでしょう。それに比べてスタンプはわかりやすいです。

しかし、スタンプの絵とスタンプに書いてある絵がちぐはぐだと何を書いているのかわからない時もあります。またスタンプによっては乱用すると相手を見下しているものもあるので相手が不快な気持ちになってしまうこともあるようです。

文章やスタンプは相手の受け取り側によって違う意味合いになることもあります。
乱用しすぎず。

本当に必要なことは、スタンプではなく文章や言葉で伝えましょう。

彼と一緒の時はスマホは短時間!

デート中に長々と電話したり、メール返信やLINEするのはマナー違反だと心得ましょう。
どこでもいつでも連絡が出来るのがスマホの良いところですが、あえてデート中は最低限しかチェックしないようにするのも思いやりです。
彼がジュースを買いに行ってくれている時間や、お手洗いの時に短時間のチェックくらいにしましょう。

むしろ、スマホを見るよりも『彼との時間が楽しい』という時間を作るように心がけましょう。

彼との恋愛はSNSやTwitterにはのせない

彼のことが大好きで、自慢に思っているとSNSやTwitterに載せてしまう人がいます。

さらに、SNSやTwitterにハマっていると彼とのデートを実況したいところですが実況してしまうと自分たちの居場所がわかってしまって予想しないトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
それに相手からするとSNSやTwitterでつぶやくのは話題作りのため?と思われてしまいます。
デートの実況だけでなく、その後のツイートで自分では思ってもないことを拡散されてトラブルになる人もいます。

彼との恋愛を大切にしたいならSNSやTwitterにはのせず彼との気持ちを大切に育ててあげましょう。