ダイエット

ほうれん草ダイエットは効果が高く成功しやすいは嘘?おすすめできない理由とは

ほうれん草
ほうれん草ダイエットは効果が高く成功している人が多いです。

ほうれん草に含まれる成分チラコイドがダイエット効果が高い成分です。
さらにほうれん草はスーパーなどで比較的安価な値段で買うことができます。
なので「ほうれん草ダイエット」は手軽で効果が高く減量が成功しやすいです。

でも実は、ほうれん草ダイエットはおすすめできるダイエットではありません。

その理由について調べたのをお話します。

ほうれん草ダイエット痩せるは嘘ではない

ほうれん草だけ食べればもちろん痩せることはできます。なので嘘ではないです。
食事をほうれん草に置き換えて、ほうれん草だけ食べればもちろん体重減少することができます。また、ほうれん草にはチラコイドというダイエット効果が高い成分が入っています。

しかしながら、ほうれん草だけを食べるダイエットというのは健康には害を及ぼす可能性も少なからず考えられます。
バランスの偏った食生活をしているのと同じことだからです。
ダイエットは“健康的に痩せる”が第一条件なのです。
ほうれん草だけ食べて痩せても、肌荒れが出たり、体力が無くなりふらつく、集中力が欠けてしまうとなれば、元も子もありませんよね。

なので、痩せても後からリバウンドしたりする人が多いのです。

ほうれん草のダイエット成分チラコイドの効果とは

チラコイドがほうれん草の葉に含まれている成分です。
チラコイドを摂取する事により、体内で3つの働きがあります。

①満腹ホルモンの働きを促進
食後に脳から体へ発信する満腹ホルモン(レプチン)を、チラコイドが分泌を促してくれます。
満腹ホルモンを多く分泌してくれることにより、空腹に耐えるストレスを軽減してくれます。
それにより、食欲を抑制する効果も期待できるのです。

②脂肪を溜めにくい体にしてくれる

チラコイドには、血糖値の上昇を抑える効果もあります。
血糖値が上昇すると血糖値を下げるために、インスリンが多く分泌されるようになります。
チラコイドで血糖値の上昇を抑えれば、インスリンの分泌も少なくなるわけです。
インスリンは、糖質をエネルギーに変える働きがあります。
しかし、エネルギーとして不要な糖質は脂肪細胞となり体内に蓄えるのです。
なので、チラコイドの摂取により、インスリンの分泌を抑えれば脂肪を溜めにくい体質になれるのです。
糖質制限ダイエットが流行していますが、チラコイドを摂取するだけで糖質制限ダイエットと同等のダイエットができてしまうですね。

③甘いものが食べたくなる欲求を回避できる

ダイエット中、どうしても甘い物が食べたくなる衝動にかられる時ありますよね。
食後1時間~2時間程で現れる間食したい欲求をチラコイドは抑えてくれるのです。
しかも、チラコイドを摂取した当日からその効果を発揮してくれるという臨床データがあるので驚きですね。
これは、チラコイドが血糖値を安定させてくれる事によって、甘いものが食べたい欲求を抑えてくれます。

まさかの落とし穴!チラコイド成分は意味がない

ほうれん草に含まれている成分チラコイドがダイエットに効果が高いのが納得できたのではないでしょうか。

ダイエットに効果が高いチラコイド成分ですが、じつは。
人間は葉緑成分を体内で分解できないのです。なのでチラコイドを効率的に吸収する事ができません。

どんなにほうれん草を食べても、チラコイド成分は体内で吸収されてくれないのです。

ほうれん草ダイエットがおすすめできないまとめ

チラコイド成分はダイエット効果が高い成分です。しかし、体内に吸収できないため意味がないのです。

ほうれん草ダイエットとは、食べるカロリーを減らすだけなので体重を減らしやすいです。
栄養バランスが崩れているため、ほうれん草ダイエット終了後今までの食事に戻すと脂質や糖質などの栄養が脂肪としてつきやすくります。
また、我慢をしていたため食事が今まで以上に美味しく感じられてしまうため暴飲暴食をしやすくなってしまいます。

なので、ほうれん草ダイエットは成功しやすいけれどおすすめできないダイエット方法です。