ダイエット

ファスティングダイエットは失敗する人が多い!本当に痩せたいなら知っておきたいやり方とは

83
体内から健康になるといわれているファスティングダイエット実は後から元の体重に戻っている人や、リバウンドして元の体重より増えている人が多いのです。

ファスティングとは腸をデトックスすること

84
ファスティングダイエットとは1~3日食べない断食のことです。何も口にしないのではなく断食の間、酵素ドリンクや野菜ジュースなどを飲んで行います。
1~3日食べないので当然体重が落ちます。

なので、食べないから体重を減らす効果があります。

しかし、ファスティングの間に飲んでいる酵素ドリンクや野菜ジュースは飲み物です。
なので食べ物を食べることができないので、かなりの苦行です。お腹がすいてしまうのは避けられません。

そもそも、ファスティングはダイエットのためではなく体の中をデトックス(解毒)することが目的です。

デトックスはホットヨガやサウナで汗をかいてデトックスする方法もあります。
ファスティングは腸をデトックスする方法なのです。

腸をデトックスすることで、体の中に溜まっている悪いものを外にだしてくれるのです。

なので、ファスティングすることは体重を減らすことではなく体を健康にしてあげることなんです。

ファスティングでなぜダイエット失敗するのか

デトックスするので、体の中にたまっている悪いものが外に排出されやすく、食べないので体重は確実に減らすことができます。それなのになぜファスティングダイエットが失敗しやすいのかというと、ファスティングをした後が問題なのです。

ファスティングをした後なので、体が栄養不足になっています。
そのため
①食べ物のおいしさから必要以上に食べてしまう
②体が栄養不足なので、体がまた食べれない時がくると思い栄養をいつも以上に蓄えてしまう

①はファスティングをした後に強い心や食べる物を考えてあげることで防ぐことはできます。しかし②は自分の意志ではどうすることもできなく、体の自然現象なので防ぐことはできません。

ファスティングで痩せるためにどんな方法でするべきか

痩せるためにどんな方法でファスティングをするべきか

ファスティングでダイエットができないわけではないです。
ただ、上記のような1~3日間食べない断食は失敗しやすく断食の前後は食べる物などに気をつけなかったりしないといけないので準備が大変です。
また、栄養不足になると体調不良にもなります。

だから、外国ではファスティングは医療行為として用いられているとこもあるくらいです。
なので、ファスティングをする前後は消化に良い食べ物を食べたり、体を断食にならすための準備期間があります。終わった後は、今まで食べ物を食べてなかったので体に負担がかからないための準備機関があります。

そういう準備も必要なためファスティングダイエットは大変なので準備段階で挫折してしまう人もいます。

どいうことで、ダイエットするなら特別な準備もいらなく体の負担がいらない朝ファスティングです。

朝ファスティングとは

朝ファスティングとは朝食をプチ断食する方法です。
朝食を置き換えてあげるだけなので、

朝ファスティングの効果は

朝ファスティングしてどんな効果があるのかというと
・免疫力アップ
・冷え性の改善(体温の上昇)
・デトックス効果で体内の老廃物が外にだされる
・血流が良くなる

朝ファスティングでダイエット成功させるためには

・糖質は基本的に避ける
・炭水化物は1日昼食のみ
・食事はしっかり噛む
・夜の食事は腹八分目
・寝る6時間前以降は食べない
・ファスティング中は無理な運動はしないが体は動かす

朝ファスティングで必要な栄養素は

朝ファスティングダイエットは何も口にしないのは体のために良くないです。
かといって、なんでも良いわけではないです。

体のために必要な栄養素は
・ビタミン
・ミネラル
・乳酸菌

ビタミン・ミネラルは体だけでなく美容の面からも必要です。
乳酸菌は腸内環境を良くしてくれるためファスティングでデトックス効果をあげてくれます。

これらが不足していると脳が体が栄養不足でお腹がすいたと指令を送ってきます。
なのでファスティングでダイエット成功したい人はビタミン・ミネラル・乳酸菌の成分をとるようにすればダイエットが成功しやすいです。