美容

できてしまった首ニキビは漢方よりも肌回復のメルラインが効果あり!?

95首や顎の首の付け根にニキビができると目立ちますよね。
繰り返し首ニキビってできるし、かゆかったり、痛かったりもするんですよね。

なので、昔から首ニキビには漢方を飲むとよいと聞きますけど、実はできてしまった首ニキビは漢方よりも肌回復(肌のバリア機能を回復)ケアのメルラインのほうがニキビ効果が早いと今話題になっています。
漢方よりもメルラインその真偽について調べてみました。

首になぜニキビができるのか

①首の毛穴は小さい

ほほやおでこに比べて首の毛穴は小さいです。
毛穴が小さいから首から汗をかきにくいので肌が乾燥しやすいです。
乾燥しやすいとインナードライ肌になって皮脂の過剰分泌で毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまうのです。

首の毛穴は小さいので一度詰まると外に皮脂や汚れがでにくいため、皮脂や汚れがニキビの原因になってしまいます。

肌のターンオーバーの乱れ

ストレスやホルモンんバランスが崩れると肌のターンオーバーが乱れます。
肌のターンオーバーとは、肌は新しい肌になるために28周期で生まれ変わっています。

肌のターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能が弱まってしまうので肌によくない汚れや皮脂がついてしまって肌トラブルを起こしてしまったり、乾燥肌になってしまう原因にです。

まとめると、肌のバリア機能を回復させて肌のターンオーバーを整えてあげることで乾燥肌や毛穴のつまりを防ぐので首ニキビはできにくくなるということです。

漢方よりもなぜメルラインがよいのか

漢方は体の体質からニキビができにくい肌質に変えていくのです。

なので、首ニキビができてしまう肌のターンオーバーが乱れる原因のストレスやホルモンバランスを整えようとするのです。

つまりわかりやすくいうと、今できているニキビは肌のターンオーバーができなく毛穴に皮脂や汚れがつまっているニキビよりも
これからできてしまうニキビを予防してくれるためなんですね。

なので、漢方飲んでいるのになかなかニキビが減らないというのはそういう理由があったからです。

だから、今できているニキビには保湿をしっかりすることです。
保湿をしっかりすることで肌のバリア機能が回復するため肌のターンオーバーも整って肌が健康になるから首ニキビがキレイになります。

ということで、今できているニキビにはしっかり保湿ができる成分が入っている化粧品を選ぶことが必要です。

そのしっかり保湿成分が入っているニキビ化粧品がメルラインです。
96

メルラインが首ニキビになぜあっているのか

97
メルラインには保湿成分と浸透力で肌ケアをしてくれます。
首ニキビができてしまう原因
・乾燥肌のインナードライを防ぐ成分。
・毛穴つまりの原因皮脂の過剰分泌を防ぐ成分。

などが配合しているので、肌のターンオーバーを整えて肌のバリア機能を高めてくれます。

メルラインに入っている首ニキビを防ぐ成分について詳細は公式サイトをご覧ください。
メルラインの公式サイトはこちらから

また、メルラインは敏感肌の人にも安心して使うことができるように刺激成分や肌に悪い成分はいっていないです。
なので敏感肌だけではなく、乾燥肌や混合肌や脂性肌の人も安心して使うことができます。

できてしまったニキビには漢方よりもメルラインの効果が高いのかまとめ

漢方は体に良いということで昔から薬としても愛用している人が多いです。
でも、漢方は予防をするためのものなので今できているニキビには不向きのものです。

なので今できてしまった首ニキビには肌回復できて肌のバリア機能を復活してくれるメルラインが効果が高いというわけです。

メルラインはジェルなので、今使っている化粧品と一緒につかったり洗顔の後にメルラインだけ使うことができるオールインワンジェルです。

メルラインは使った後でも180日間の返金保証があります。
だから、気になる首ニキビに一度使ってみてはどうでしょうか。

できてしまった首ニキビにメルラインを見てみる

メルライン